消費者金融の審査システムを知る

消費者金融に申し込む前に、審査システムがどうなっているのか知っておきましょう。
そもそもどんな金融機関でも、ローンの申し込み者に審査をしないことはありません。
ただし、審査内容はローンの貸付金額や担保の有無などで違ってくるのです。

 

 

消費者金融は、個人への貸し付け審査をすばやく終わらせる独自のノウハウを持っています。借入までの時間が大変短くて済むのは、ここに理由があります。

 

まず申し込みをした段階で、スコアリングによる一次審査が行われます。
年齢・勤務先・勤続年数など申し込み時に記載した、属性と呼ばれる内容で審査が行われるのです。点数化することで、審査を機械的に行えるため、時間が短縮されているわけですね。

 

一次審査は、消費者金融によっては30分程度のところが多いです。
最近ではネット申し込みが増えています。申し込みフォームに入力が終わった段階で、すぐに一次審査の結果が分かる消費者金融も登場しています。また一次審査が可決なら、その段階でおおよそ利用できる限度額が伝えられることが多いです。

 

一次審査を通過した方のみ本審査へと進みます。
本審査はさらに個別に審査していきますが、場合によって一次審査は通ったけれど本審査は通らない、伝えられていた限度額と変わってくるといったことも起こります。

 

ネット申し込みなら、申し込み手続きを済ませた後は、連絡を待つのみなので不安になることもあるでしょう。消費者金融の審査に申し込む前にシステムを知っておくと、やはり安心感がありますね。

 

消費者金融で借りる特徴

消費者金融は、貸し付けのみ行う金融機関のため、銀行のように預金などを預かるということがありません。またビジネスローンや事業性資金を取り扱っていることもありますが、総じて個人向けの貸し付けがメインとなっています。最近では大手消費者金融を中心に限度額の大きなキャッシングが登場しています。

 

借入までの時間が短い

消費者金融で借りる場合は、この特徴が最も注目されるでしょう。
審査時間の短さと借入までの流れのスムーズさで、借りたい時にすぐに借りられると、どの利用者も感じるはずです。

 

キャッシング方法が多い

キャッシング方法が豊富に準備してあって、いつでも借りやすいものを選べるのが消費者金融です。ただ最近は、ネット申し込み後振込キャッシングという来店不要の方法が主流になりつつあります。WEB完結申し込みができて、カード発行がないままの商品も増えていますね。

 

ただ同じ消費者金融で、WEB完結以外の申し込み方法はもちろん準備してあります。
利用方法まで考えて申し込み方法を選ぶことが、少し気を付けておきたい点でしょう。

 

借入目的に応じた限度額設定

消費者金融は少額だけ急いで借りるというイメージが強く持たれています。
しかし今は金利も低く、限度額が大きな消費者金融のローンもたくさん見つかるようになっていますね。緊急時以外にも、様々な借入目的に対応させることができて使いやすさがアップしているのです。

 

消費者金融でお金を借りる特徴を挙げていくと、メリットがたくさん見つかります。
これまでお金を借りたことがない方も、安心して利用できますよ。

 

大手消費者金融の審査は厳しい?

最近は大手消費者金融も、銀行グループの一員となっているところが増えていますね。そのため審査が厳しくなっているのでは?と不安になる方もいるのではないでしょうか。

 

様々な利用法ができることでますます人気が高まっている大手消費者金融ですが、その審査は以前に比べて厳しくなっているのでしょうか。

 

まず、総体的に消費者金融のキャッシング商品も、限度額が大きなものが増えています。
利用する方も、少額借入だけでなく目的ローンの代わりなど、使い方も多様化しつつあるようです。限度額を大きくして利用するということは、申し込み者にそれだけ高い信用度が求められることになります。限度額が大きいほど審査時間は長い傾向にあり、それだけ申し込み者は審査が厳しくなったように感じるでしょう。

 

また貸金業法によって、専業主婦の方など本人収入がない場合は申し込みさえできなくなっています。この点から、厳しいのでは?と思ってしまう方もいるでしょう。しかし本人収入がある方の審査に関して、貸金業法改正後特別に厳しさが増していることはありません。法律に従って、もともと申し込めない方がいるという認識のほうがよいでしょう。

 

さらに総量規制によって、年収の3分の1までが貸金業者から借りられる最高額となっています。以前に比べて限度額が低くなった方もいることから、審査の厳しさが取りざたされることもあるでしょう。ただ、これも法律に基づいたものなので、厳しいから限度額が低くなっているというものでもありません。

 

審査の厳しさだけに目を向けるのではなく、申し込みをした後の利用方法なども比べて、大手消費者金融をそれぞれ比較することをおすすめします。

 

審査に通りやすいタイプはある?

 

申し込みをする方でも審査に通りやすいタイプがあります。
もちろん通りやすい条件をすべて満たしていても、審査が否決になってしまうケースも中にはあるでしょう。

 

しかし申し込み前に、できるだけ近づける、意識するだけでも審査結果が違ってくる可能性も出てきます。

 

過去の延滞記録がない

延滞したことがないというのは、審査に通るためには最も重要といってもよいでしょう。
延滞記録があると、また延滞する可能性があると審査で判断されてしまうからです。

 

しかし、ここで気をつけたいのは、まったくローンなどを利用したことがない場合です。
ローンを利用したことがなければ、延滞記録も残りようがないので審査に通りやすそうと感じるでしょう。

 

しかし、一定年齢以上の方がまったくローンの利用履歴や延滞履歴が残っていないと、過去の延滞記録がなくなってから申し込みをしたことを疑われるのです。延滞記録は信用情報機関のものは規定の年数が経つと消去されます。まったく延滞記録がないと、この状態なのでは?と審査で思われることがあります。

 

安定した収入がある

どんなキャッシングやローンでも、安定した収入が申し込みの条件になっています。
ここで気にしたいのは、収入の大きさではなく安定度です。

 

年収としては同じ金額でも、月に決まった金額が必ず収入としてある方と、収入がある月とない月のムラがある方なら、決まった収入のある方のほうが審査には通りやすいのです。

 

連絡が取りやすい

以前ほど家庭用の固定電話でないと審査に通らないといわれることはなくなっています。
しかし、いつ連絡が取れなくなってしまうか分からないような方は、申し込みをしても審査には通りにくいのです。

 

同じ会社でずっと勤めている、住居が持ち家で長期間住んでいる、家族と同居している、こういった点は信用度が高まるだけでなく、連絡の点からも審査に有利に働きます。