審査に通らなくても安全性を考えよう

消費者金融の審査に通らなかった場合でも、安全性は忘れてはいけません
どうしても借りたい気持ちがあると、「どこでもいいから借りられれば…。」と考えてしまいます。貸金業法改正後、金利や利用額などは法律で厳密に決められているものの、違法な業者もなくなってしまったわけではありません。

 

安全な消費者金融というのは、法律で決められている上限金利(20%ですが利用設定額によって変わります。)よりも低い金利設定であること、限度額も総量規制の範囲内で決められることなどでも確かめられます。しかし悪徳金融業者は、ありえないほど低金利(大手消費者金融の設定よりもはるかに低い金利)を表示していることもあるのです。

 

申し込み先は、さらに登録番号や金融庁のサイト、日本貸金業協会員かどうかなどいくつかの方法を使って安全性を確認したほうがよいでしょう。コマーシャルなどでよく見かける大手消費者金融なら、調べる必要がないと考えてしまいます。しかし、悪徳業者は大手消費者金融の名前やロゴマークを勝手に使っていることがあるのです。

 

大手消費者金融への申し込みも、ダイレクトメールやFAXではなく、サイトか直接店舗などから申し込むように気をつけておきましょう。

 

お金を借りたいと焦っていると、おかしいと気付いても「すぐ返せる。」「少額だからきっと問題ない。」と無理やり進めてしまいます。しかし、違法な業者は連絡先など、個人情報を手に入れた申し込み者のことは逃しません。あの手この手で貸し付けの手段を講じてくるのです。違法な金利での借入だけでなく、中には保証料としてお金をだまし取られるケースもあります。

 

きっと自分は大丈夫という過信はやめておきましょう