どうして消費者金融の審査に通らないのか

「消費者金融の審査に通らなかった、どうして?」と落ち込んでいませんか?

 

消費者金融の審査に通らなかった場合、その理由は教えてもらえません
また申し込みをしても同じ結果にならないためにも、自分で理由を判断する必要があります。

 

年収の低さ

実はこれは通らない理由にあまりならないといわれています。
最低年収条件は、消費者金融のキャッシングやローンでは公表されているものは少ないです。

 

しかし、アルバイトやパート収入がある方なら申し込めるという点からも、年収は50万円あればそれに応じた限度額で審査に通るといわれています。これよりも大きな収入があるのに通らなかった場合は、そのほかの理由を考えたほうがよいでしょう。

 

勤続年数の短さ

消費者金融は住宅ローンのように3年以上の勤続年数と、はっきりとは決まっていません。しかし、安定した収入が判断できる目安として、続けて同じ所に勤務しておく必要があるといわれています。少なくとも半年は働いてから、キャッシング審査に申し込むほうがよいのです。

 

延滞履歴

これは間違いなく審査に落ちるといわれています。ローン利用ではなく割賦払いでの遅れも、信用情報機関に残るためです。忘れていたような少額の返済遅れが、審査に影響していることもあるでしょう。

 

もちろん審査はトータルで行うため、いくつかの理由が複合していることもあります。
明確な理由は教えてもらえないものの、自分の推測のもと改善してから再度申し込むことが大切になるでしょう。