消費者金融の審査で絶対に嘘はいけない理由

消費者金融の審査で絶対に嘘をついてはいけません
嘘とまではいかなくても、借りたいために事実とちょっと違えて書くというのは、逆に借りにくい状態となってしまうでしょう。

 

年齢や性別などは嘘をつきようがありません。
しかし、勤続年数は長めに書いてしまいやすいものです。長いと信用度が高まるわけですから、「数か月なら大丈夫かな。」とプラスして申告してしまう方もいるでしょう。

 

また年収も「多めに書いておいても、収入証明書を提出しないならわからないのでは?」と考えるものです。確かに消費者金融では限度額50万円以下の申し込みなら、収入証明書不要となっています。一部提出必須の消費者金融もあります。

 

また他の貸金業者ですでに借りていて、新たに借りる限度額を合わせて100万円を超えるなら提出必須です。収入証明書提出不要であっても、消費者金融は勤務先と勤続年数からおおよその年収を割り出すデータがあります。データとあまりに違う大きな収入を申告していると、「嘘をついているのでは?」と判断されてしまうことがあります。

 

借入件数や借入額は信用情報機関ですぐにわかります。
借入件数や金額を少なく書いても意味はありません。消費者金融は総量規制の法律を守るためにも、現状の借入額は徹底的に把握します。

 

審査可決となるように、少しでも大きな金額を限度額にできるようにと、書いてしまったことが信用を失わせる原因となることがあります。嘘をつく人物は、返済も逃れようとすると信用されないわけです。

 

消費者金融の審査に通りたいなら、ありのままの属性や借入件数、借入額を申告しましょう。